​​2017年度 巨大地形模型製作プロジェクト(縮尺1/1000)

協力:横浜市立千秀小学校      
横浜国立大学 守田正志 准教授
北海道大学  早川裕弌 准教授
東京大学CSIS     小倉拓郎

2017年度は、最初の連携プロジェクトとして「巨大地形模型製作プロジェクト」を実施しました。田谷の洞窟周辺の約2km四方の地形模型を製作しました。この模型は、8枚のパネルに分割して製作されており、大きさは2m×1.64mあります。32名の小学生が厚さ1.5mmのスチレンペーパーを等高線に合わせて切って積み重ねました。この模型は、田谷の洞窟周辺の地形環境の把握の為の資料となり、地域つくりの為の横浜国立大学の地域資質調査の為の基礎資料となります。

【模型名】   1/1000地形模型

【寸法】    2m×1.64m(A1サイズ程度のパネル8枚)

【製作人数】  32名

【事前学習】  「田谷の洞窟保存活動」(本保存実行委員会) 1コマ

        「写真測量」(東京大学CSIS 早川准教授)   1コマ

【製作授業】  10コマ (※ 小学生の作業時間)

【製作指導】  横浜国立大学 守田准教授+学生+当保存実行委員会

【データ提供】 東京大学CSIS 早川准教授(1m等高線地形図)

【図面作成】  当保存実行委員会

【主な材料】  スチレンペーパー 厚さ1.5mm、木

In 2017, we implemented the Topographical Model Production Project as the first collaborative project. We made a 2 km square topographical model around Taya Cave. This model is divided into eight panels and is 2m x 1.64m in size. Thirty-two primary school students cut and stacked 1.5 mm thick styrene paper according to the contour lines. This model is an important material for grasping the topography environment around the cave of Taya. In addition, it will be the basic data for the regional basic survey of Yokohama National University for regional development.

田谷の洞窟保存活動の概要と地域文化・環境・社会についての事前学習授業(田村裕彦)
写真測量と3Dモデルについての事前学習授業(北海道大学 早川裕弌 准教授)
地形模型制作授業(横浜国立大学 守田正志 准教授+学生+当保存実行委員会 田村)

© 2019 by Exective Committee for the Preservation of TAYA CAVERN.

お問合せはメールで!
​Please contact us by e-mail

​当実行委員会は、皆様のご寄付・ご協力をお待ちしております。詳しくはこちらから!!

The Executive Committee looks forward to your donations and cooperation. For more information is here! !