​​2018年度 二国間共同研究 with National Council of Research

J1. 2018.6/17~6/25
        イタリアチーム来日

​J1-1. イタリアチーム来洞

2018/6/17

2名のイタリアチームが来洞されました。双方の研究調査内容をスライドを使って意見交換をしました。​石ではなくて土である事、着色されていない事、が世界でも希有である事を確認できました。

Two Italian researchers team came to the cave. We exchanged views on the research and survey content of both sides. We could confirm that Taya Cave is not stone but soil and that it is not colored is rare in the world.

J1-4. 松が峰教会視察

2018/6/21

大谷石の採掘場視察後、市内の大谷石で建設された松が峰教会を視察。大谷石の風化の様子を確認。

After a tour of the Oya stone quarry, we visited Matsugamine Church, built with Oya stone in the city.We were able to confirm the weathering of the stones.

J1-2. 鎌倉やぐら郡視察

2018/6/18

緒方准教授(鶴見大)のアレンジで鎌倉の地下文化財をイタリアチームと視察しました。田谷の洞窟は規模で差別化されることを確認しました。

We visited the underground cultural property in Kamakura with the Italian team arranged by Prof. Ogata (Tsurumi Univ.). We confirmed that Taya Cave  would be differentiated by scale.

J1-5. 日光視察

2018/6/22~6/23

日光東照宮のレリーフ視察と中禅寺湖・華厳の滝・戦場ヶ原などの地形変形の視察。緒方先生(文化財専門)のレリーフ解説と北海道大学の早川先生による地形変形の解説がありました。

We inspected relief of Nikko Toshogu, and inspected topography deformation such as Lake Chuzenji, Kegon waterfall , Senjo-ga-hara. There were relief commentary by Professor Ogata (cultural property specialist) and commentary on topography deformation by Professor Hayakawa of Hokkaido University.

J1-3. 宇都宮石造視察

2018/6/21

宇都宮周辺の石仏や石造の劣化と風化の視察に行きました。埼玉大学の小口先生の大谷石の劣化と風化の解説と緒方先生(文化財専門)の文化財の解説がありました。

We did a tour of weathering and deterioration of stone Buddha and stone around Utsunomiya. Professor Oguchi of Saitama University commented on the deterioration and weathering of Otaniishi, and Professor Ogata (specialist in cultural properties) commented on cultural properties.

 I1. 2018.10/18~10/29
        日本チームイタリア訪問

I1-1. イタリア訪問

2018/10/18~/19

総勢6名でイタリアのナポリにを訪問。イタリアには巨大な地下都市と言ってもよい地下文化財が沢山あります。それらの視察と石造文化の巡検が目的です。

A total of six people visited Naples, Italy. There are many underground cultural properties that can be called huge underground cities in Italy. The purpose of these visits is a tour of stone culture.

I1-4. Catacombe di San Gennaro(サンジェンナーロのカタコンベ)

2018/10/21

イタリアの地下空間でも有名なカタコンベを訪問。城郭都市の外側に配置された共同墓地です。富裕層には個別の室が与えられ、一般は小さな横穴や床穴に埋葬されていたそうです。子供用の小さな横穴もありました。

Visit the famous catacombs in the Italian underground space. A common cemetery located outside the ancient city. The wealthy people were given separate rooms, and the general public was buried in small side holes and floor holes. There was a small hole for children.

http://www.catacombedinapoli.it/it

I1-7. Cnr meeting

(レクチャーミーティング)

2018/10/22

Cnr(イタリア国立研究会議)にてレクチャーミーティング。イタリアの地下都市についての調査を学ぶ。

Lecture meeting at Cnr. We learned a study about underground cities in Italy.

I1-10. Pompei(ポンペイ)

2018/10/24

ポンペイを案内してもいました。比較にならない歴史とストーリーに石の文化の強みを確認。現在も調査が続いているとの事。Cnr研究員による詳細なガイドで様々な様子を確認できました。

We were also guiding Pompeii. We learned the merits of stone culture with an incomparable history and story. The investigation is still ongoing. We were able to confirm various aspects with detailed guides by Researcher Cnr.

I1-2. Napoli Sotterranea

​(ナポリの地下都市)

2018/10/20

ナポリ市街の民家の建物の中からアプローチするナポリ地下都市の視察。この地下空間は数キロある。民間のガイドによると時代と共に用途を変えて利活用されている。大戦中は防空壕の役割もはたした。

Tour of Naples underground city to approach from the private house of the building of the Naples city. This underground space has a few kilometers. According to the guide, Napoli's underground space has been used in different ways with changing periods. These underground spaces also played the role of bomb shelters during World War II.

https://www.lanapolisotterranea.it/

I1-5. Cimitero delle Fontanelle(フォンタネッレ墓地)

2018/10/21

サンジェンナーロのカタコンベとは異なり、横穴(洞窟)に造られた墓地。山の中腹に巨大な洞窟を配し、太陽の日差しが入る横窓までもうけられている。

This is the graveyard of the side cave. There is a huge cave on the mountainside, and a side window with sun rays.

http://www.comune.napoli.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/IT/IDPagina/4880

I1-8. The cave of Via Posillipo Sensors monitoring

(ポシリポの洞窟(ローマ時代漁礁))

2018/10/22

ローマ時代の漁礁・養殖場の洞窟。ローマ人は海岸絶壁に横穴を彫って魚の養殖もしていたとの事。レーザー測量調査を視察。

A cave in a Roman fishing reef and fish farm. The Romans carved side holes on the coastal cliffs and farmed them. Inspected laser survey.

I1-11. National Museum

(国立博物館)

2018/10/25

国立博物館を案内してもらいました。ポンペイ遺跡のモザイクタイルレリーフの実物はここに保存されています。詳細なガイドによりポンペイの理解が深まりました。

We were guided through the National Museum.  Mosaic tile reliefs from the Pompeii ruins are stored here.

I1-3. Galleria Borbonica

(ボルボニカギャラリー)

2018/10/20

ナポリ市街の巨大な地下文化財です。空間が大きい為様々な機能を変えて保存されています。結婚式などにも活用可能。この地下空間の3Dmodelを作成している技術者と現場でミーティング。

It is a huge underground cultural property in the city of Naples. This is a space that has been changed for various functions. Here also it can be utilized in such as weddings. Meeting with an engineer who is creating a 3D model of this underground space.

http://www.galleriaborbonica.com/

I1-6. Catacombe di San Gaudioso(サンガウディオのカタコンベ)

2018/10/21

サンタマリアデッラサニタ大聖堂の下にある、初期キリスト教墓地。巨大な地下空間と都市の建物が共存しています。

An early Christian cemetery under the Basilica of Santa Maria della Sanita. A huge underground space and urban buildings coexist.

http://www.catacombedinapoli.it/it/luoghi/catacombe-di-san-gaudioso-napoli

I1-9. Cnr meeting

(レクチャーミーティング)

2018/10/23

ポシリポの洞窟でのレーザースキャン測量プロジェクトのレクチャー。ハンドメイドスキャナーでも可能だとの事。その他文化財保全プロジェクトのネット会議も実施。

Lecture of a laser scanning survey project in the cave of Posillipo. We learned that handmade scanners are also possible. Also held an internet meeting for other cultural property conservation projects.

I1-12. Goodbye Dinner

(最後の夜)

2018/10/26

最後の夜に夕食にご招待いただきました。手製のナポリの伝統的な料理をおいしくいただきました。何よりのおもてなし!

We were invited to dinner on the last night. Delicious handmade traditional Neapolitan food. Best hospitality!

© 2019 by Exective Committee for the Preservation of TAYA CAVERN.

お問合せはメールで!
​Please contact us by e-mail

  • 田谷の洞窟保存実行委員会Facebook
  • 田谷の洞窟保存実行委員会Twitter
  • 田谷の洞窟保存実行委員会Instagram
  • 田谷の洞窟保存実行委員会YouTube

​当実行委員会は、皆様のご寄付・ご協力をお待ちしております。詳しくはこちらから!!

The Executive Committee looks forward to your donations and cooperation. For more information is here! !