Regional Design

地域づくり(地域資質基礎調査)

2018年度 地域資質基礎調査

AT Studio

横浜国立大学大学院 都市イノベーション研究院

YNU_2C_横-日本語+Eng.gif
協力:
横浜国立大学 守田正志 准教授
藤岡泰寛 准教授

2018年度 地域資質基礎調査

(YNU 大学院 AT Studio)

里山宿泊体験を通し、里山の管理の大変さを体験する事から始めました。

周辺小中高校へのアンケートの集計を行いながら、千秀小学校6年生との小大連携プロジェクトで製作した「巨大地形模型(縮尺1/1000)」を活用して地域のポイントを模型上にピンを刺してマッピング表示をしています。

また、千秀小学校の協力で教室の一室を借りて、田谷町の長生会(敬老会)にヒアリング調査を実施し田谷の歴史や地域文化情報を収集しました。最終的に、​地域イベントとしてのお祭り(お神輿)の再生を提案しています。

2018.12.2

地域報告会開催

地域報告会を開催し、地域の方々へ演習課題の成果報告会を実施しました。様々な意見が交わされたので次年度に活かします。

We held a regional briefing session and held an outcome report on basic regional surveys for local residents. Since various opinions were exchanged, it uses for investigation of the next year.

2018.7.24

​大学院合同発表会

大学院内での合同報告会でこれまでの成果報告の発表しました。

At the graduate school debriefing session, the students made a presentation of our previous achievements.

2018.7.3

地域小中高校のアンケート集計

田谷町周辺の公立小学校、中学校と高校にアンケートを実施し集計しました。

We carried out questionnaire to public elementary school, junior high school and high school around Taya-town and tabulated.

2018.6.20

地域ヒアリングワークショップ

市立千秀小学校の教室を借りて、地域の方々にヒアリングワークショップを実施しました。

We held a hearing workshop for the local people by renting a classroom at Senshu Public Elementary School.

2018.6.12

​第6回 AT Studio

キーワードの抽出や分類を行い、さらに議論を進めました。

Students extracted and classified keywords and discussed.

2018.6.5

​第5回 AT Studio

他の地域の事例と比較しながら議論を深めました。

Discussions were deepened in comparison with other regional cases.

2018.5.22

​第2回 AT Studio

里山実習とフィールドワークの結果から、田谷町の特徴について意見交換を実施し、議論を始めました。

From the results of Satoyama practice and field work, students exchanged opinions about the features of Taya-town and started discussions.

2018.5.20

里山宿泊体験+フィールドワーク

田谷の地主さんの協力のもと、田谷町の里山の実態を把握する為にキャンプを実施しました。学生たちは、薪を創るところから始め、日中は田谷町周辺のフィールドワークを行いました。

With the cooperation of one of the landowners of Taya-town, we conducted a camp to understand the actual situation of the Satoyama in Taya-town. The students started by creating a kite. And they did field work around Taya-cho during the daytime.

2018.5.15

第1回 AT Studio

2018年度の都市近郊農村地域調査演習課題の背景説明とガイダンスの授業を実施しました。

We conducted a background explanation and guidance class for the suburbs and rural area research exercise in 2018.

© 2019 by Exective Committee for the Preservation of TAYA CAVERN.

お問合せはメールで!
​Please contact us by e-mail

  • 田谷の洞窟保存実行委員会Facebook
  • 田谷の洞窟保存実行委員会Twitter
  • 田谷の洞窟保存実行委員会Instagram
  • 田谷の洞窟保存実行委員会YouTube

​当実行委員会は、皆様のご寄付・ご協力をお待ちしております。詳しくはこちらから!!

The Executive Committee looks forward to your donations and cooperation. For more information is here! !