​​2020年度 田谷の洞窟 解説カード制作プロジェクト(A5サイズ予定)

現在実施中

協力:横浜市立千秀小学校      
横浜国立大学 守田正志 准教授
北海道大学  早川裕弌 准教授
東京大学PhD     小倉拓郎
埼玉大学   小口千明 准教授
※ 鶴見大学   緒方啓介 准教授
※ 個人協力

2020年度は、田谷の洞窟の内部の浮彫レリーフを解説する「解説カード」を児童にデザインしたカードをデザインしてもらい、田谷の洞窟に来た拝観者が、このカードを持って歩きながら洞窟内の詳しい解説を知る事が出来るようになるような解説カードの制作を実施します。将来は英語版も整備していきたいと考えています。カードには田谷町周辺の環境や観光も開設するカードが入っていたりするかもしれません。今年度は、新型コロナウィルス感染拡大を考慮し、模型制作ではなく絵画を主にした制作授業になりました。これなら、三密を避けて、児童が家庭でも制作することが出来る事でしょう…。

2020年度学習計画
 

【制作名】   

田谷の洞窟解説カード制作

【寸法】    

A5サイズを予定(全40枚程度)

【製作人数】  

44名

【事前学習】  

「田谷の洞窟保存活動」(本保存実行委員会):2コマ

「環境測量+日光」(北海道大学 早川准教授):2コマ

関東平野の地形と地質+日光」(埼玉大学 小口准教授):2コマ

日光の寺社建築」(横浜国立大学 守田准教授):2コマ

「文化財+日光」(鶴見大学 緒方准教授):2コマ

【製作授業】  

6コマ予定 (※ 小学生の作業時間予定)・・・感染状況により変更あり

【製作指導】  

横浜国立大学 守田准教授+学生+当保存実行委員会

【データ提供】 

当保存実行委員会+緒方准教授+早川准教授+小口准教授

【デザイン監修】  

当保存実行委員会

【主な材料】  

水彩絵の具・ペン・クレヨン キャンソン紙(予定)

 
田谷の洞窟保存活動の概要と地域文化・環境・社会についての事前学習授業(田村裕彦)
 
写真測量・日光華厳の滝の変形の授業(北海道大学 早川裕弌 准教授)
 
関東の地形と地質の授業(埼玉大学 小口千明 准教授)
日光修学旅行の寺社建築の授業(横浜国立大学 守田正志 准教授)
 

© 2019 by Exective Committee for the Preservation of TAYA CAVERN.

お問合せはメールで!
​Please contact us by e-mail

  • 田谷の洞窟保存実行委員会Facebook
  • 田谷の洞窟保存実行委員会Twitter
  • 田谷の洞窟保存実行委員会Instagram
  • 田谷の洞窟保存実行委員会YouTube

​当実行委員会は、皆様のご寄付・ご協力をお待ちしております。詳しくはこちらから!!

The Executive Committee looks forward to your donations and cooperation. For more information is here! !