Total Length 570 m

Welcome ようこそ田谷の洞窟保存実行委員会のホームページへ

​新型コロナウィルスの影響と対応

新型コロナウィルスでは多くの方々に苦難が起きている事、心よりお見舞い申し上げます。

田谷の洞窟保存活動は、2月の大型クルーズ船の下船者の中から複数の感染者が確認されたことを受け、下船者の多くが横浜駅を使用し公共交通機関で帰宅している事を考慮し、一切の活動を自粛・中止を致しました。

5月25日に、政府の緊急事態宣言完全解除の発表がありましたが、即座に元の活動が出来ない状態が続いております。現在進行中の保存活動の一部は当面の間、感染状況を見据えながら活動を縮小せざるを得ない状況です。

不要の3密状態の回避、調査人員の縮小など、感染防止対策を本洞窟の管理者である定泉寺と連携して進めていきます。

​何卒、ご理解・ご協力頂けますよう、お願い致します。

We would like to express our deepest sympathies to the many people who are suffering from the new Coronavirus.

t was reported that multiple infected persons were confirmed among those who disembarked on a large cruise ship in February. Considering that many of the disembarkers use Yokohama Station to return home by public transportation, we are refraining from all activities in the Taya cave preservation activities.

On May 25, it was announced that the government had completely lifted the emergency declaration, but the original activities could not be immediately resumed. For some time, some of the ongoing preservation activities have to be reduced while keeping an eye on the infection status.

We pay attention to avoiding congestion, reducing research personnel, etc. We will carry out infection prevention measures in cooperation with Josenji Temple.

 

​Thank you for your understanding and cooperation.

Update Info

【お知らせ】2019年度地域報告会は、新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえ当面の間延期します。

「台風15号による里山倒木被害」処理方法・補助金など情報・協力者を求めています!

2019.3.24   「保存実行委員会とは」に「活動相関図」を追加しました。

2019.3.24   「地域共生プロジェクト」「里山保全活動」を始動しました。Up Date !

2020.2.15   「保存活動の様子」の「文化財基礎調査」Up Date !

2020.2.14   「保存活動の様子」の「人づくり」(小大連携プロジェクト)Up Date !

田谷の洞窟(正式名称:田谷山瑜伽洞)は、全長約 570 m・三層構造の複雑に入り組んだ、巨大な人工洞窟です。その歴史は、鎌倉時代からあると伝えられており、現在横浜市登録地域史跡になっています。

一旦この地下空間に足を踏み入れると、幾つもの不思議に出会います。

「どうやって造ったんだろう?」

「どうやって上の階とぶつからずに掘ったのだろう?」

「なんでこの場所に掘ったんだろう?」

などなど、未だに解っていない事がたくさんあります…

私達は、2015年より、このお寺を管理している真言宗定泉寺の許可を得て、様々な分野の大学・専門家のご協力を得ながら、この洞窟の基礎調査とデジタルデータ保存活動を行っています。

Taya Cave (formal name: Taya-San-Yu-Ga-Dou) is a huge artificial cave that is complicated in complexity of about 570 meters total length. It is said that its history is since the Kamakura period, the 13th century, and now it is registered a historical cultural site of Yokohama City.

 

Once you step into this wonderful underground space, you will encounter many wonders.

 

"How did people make it?"

"How did people dig it without hitting the upper floor?"

"Why did people dig here?"

 

There are many things that have not been understood yet…..

 

Since 2015, with the permission of Shingon Jousenji Temple which is managing this TAYA CAVERN, we are trying the preservation activities of this cave with the cooperation of several universities and experts in various fields.

Location 田谷の洞窟ってどこにあるの?

田谷の洞窟は、真言宗大覚寺派の定泉寺境内「田谷山」の地中にひっそりと存在しています…

所在地:横浜市栄区田谷町1501

■アクセス:

バス…JR大船駅より約10分

駐車場…民間有料駐車場 有

​■拝観時間:

午前九時より午後四時三十分まで

(午後四時受付終了)

The TAYA Cave exists quietly in the underground of "TAYA Mountain" in JOUSENJI temple, Shingon sect.

address:1501 Taya cho, Sakae-ku,

Yokohama-shi

■Access:

BUS…About 10 minutes from

JR Oofuna station

PARKING…Private toll parking

available

​■Open

9:00 ~ 16:00

(End of reception at 16:00)

定泉寺・田谷山

1/5

© 2019 by Exective Committee for the Preservation of TAYA CAVERN.

お問合せはメールで!
​Please contact us by e-mail

​当実行委員会は、皆様のご寄付・ご協力をお待ちしております。詳しくはこちらから!!

The Executive Committee looks forward to your donations and cooperation. For more information is here! !