Digitalization for Every People

About Us
田谷の洞窟保存実行委員会とは...

 
 
田谷山2019年6月~8月_edited.jpg

 「田谷山瑜伽洞(田谷の洞窟)」は、国内のみならず世界的にも大変珍しい地下文化財と言えます。洞窟と言っても素掘りの人工トンネルと言うほうが正しいと言えます。土木技術的にも非常に興味深いものです。大変高度な測量技術が用いて造られていると考えられます。改めて、技術的な視点を持ってこの洞窟を考察すると、「坑道を掘った先人達の技術力」と「膨大な数のレリーフを彫った美意識」に対して、尊敬の念を持たざるを得ません。この洞窟は、巨大な土木事業であり、私達の統合的で貴重な知的財産と言えます。

 現在、明らかに気候変動が進んでいると言えます。田谷の洞窟の内部は、気候変動に関連して劣化や風化が進んでいると考えられます。ラスコー洞窟やアルタミラの洞窟等の世界の地下文化財では、劣化や風化が進み、現在では研究者以外は入れない状態になっています。

 「田谷の洞窟保存実行委員会」は、この貴重な地下文化財を次世代へ可能な限り現状の姿のまま継承すべく、レーザースキャンによるデジタルデータ保存をすることを最終的な目的とした任意団体です。将来的にはNPO法人化する事を目標としています。この地下文化財を守るためには、周辺環境の維持・保全が必要です。その為には、都市近郊農村の里山・農村との共存型の文化財の在り方を考え、具体的なアクションプランの検討と実施を進める事も大切な目的としています。

​団体名称

田谷の洞窟保存実行委員会 (任意団体)

代表

​田村 裕彦(委員長)

所在地

〒244-0002 神奈川県横浜市矢部町271-1-201

連絡先

主な活動

横浜市登録史跡「田谷山瑜伽洞 (田谷の洞窟)」のデジタルアーカイブを制作し、次世代に継承する為の以下の3つの基軸に則った多分野横断的な田谷の洞窟保存活動。

 1. 田谷の洞窟を知るための基礎調査

 2. 田谷の洞窟と地域が共生するための地域づくり

 3. Civic Pride 醸成の為の人づくり

       We can say that "Taya Caves" is a very rare underground cultural property not only in Japan but also in the world. It is more appropriate to call this cave an artificial tunnel by human`s digging. It is also very interesting in the point of view from civil engineering. We believe that this cave was dug using very high quality surveying techniques. When we consider this cave from a technical point of view again, we cannot help but respect "the technical capabilities of the ancestors who dug the tunnel" and "the aesthetic sense of carving a huge number of reliefs". We can think this cave is a huge civil engineering project and is our integrated and valuable intellectual property.

     Currently, it is clear that climate change is progressing. The inside of this TAYA cave is undergoing deterioration and weathering. The underground heritages in the world such as the Lascaux cave and the Altamira cave have been deteriorated and weathered, and now Only researchers can enter.

        "The Executive Committee for the preservation of Taya Cavern" is a voluntary group with the ultimate purpose of preserving digital data by laser scanning in order to pass on this underground cultural property to the next generation. Our goal is also to become an NPO corporation in the future. In order to protect this underground cultural property, it is necessary to maintain and preserve the surrounding environment. For that purpose, it is also important to consider the ideal way of coexisting cultural properties with satoyama and rural areas in the suburbs of the city, and to study and implement a concrete action plan.

 

 子供の頃に両親に様々な文化財や寺社仏閣などの観光地に連れて行ってもらったのに、あまりよく覚えていない。大人になってそういった場所を再訪すると全く違った印象や感動に出会う。このような経験が誰にでもあるのではないかと思います。2015年に「田谷の洞窟」とはこのような再会でした。改めて、技術的な視点でこの地下文化財を見ると、多くの不思議と感動があり、この洞窟を造るのに尽力した先人達への敬意を払わざるを得ないものでした。もっと多くの人々にこの「田谷の洞窟」を知って欲しいし、田谷地域のプライドとして未来へ継承していきたいと感じたのが始まりでした。

 田谷の洞窟の管理者である「宗教法人 定泉寺」の許可を得て、ボランティアでこの保存活動を始めました。文化財の全くの素人が始めたこの保存活動は、協力してくれる専門家を探すのに約1年を経て、2017年に正式に「田谷の洞窟保存実行委員会」と言う任意団体を設立し、保存活動を本格的に始めました。

 現在では、民間専門企業の方や大学研究機関まで、大変多くの方々のご協力のもと、「愚直に」「着実に」「迅速に」保存活動を続けることが出来ています。さらに、周辺地域の方々や公立小学校や県立高校にもご協力を頂きながら、子供から年配者まで、多層的な人々からの協働によって本保存活動が動いています。この活動を通して、次世代に豊かな地域文化を継承する地域つくりと人つくりに役に立つアクションへの重要な地域共生フラッグプロジェクトとしての地域文化財保存活動として始動しました。

 今後も、ご協力者の皆さんと共にこの地下空間文化財と共生する多層的な活動を続けて行きたいと考えています。是非多くの方々の賛同とご協力を頂けますよう、お願い申し上げます。

田谷の洞窟保存実行委員会

発起人 委員長

​田村 裕彦

     When you were a child, you would have had your parents take you to various tourist spots such as cultural properties and temples. However, you do not remember that visit very well, and if you become an adult and revisit the same place, you will encounter a completely different impression and impression. I think that everyone has such experiences. The beginning of this preservation activity was triggered by a reunion with "cave of Taya" in 2015. Once again, when seeing this underground cultural asset from a technological point of view, there are many wonders and emotions, and we had no choice but to pay respect to the people who worked hard to build this cave. I thought that I wanted more people to know "the cave of Taya", I wanted to leave this cave as one of a pride of the Taya area to the next generation, so I started this preservation activity.

      After obtaining the permission of the "religious corporation Josenji Temple" who is the administrator of Taya's cave, I started volunteering this preservation activity. This preservation activity started by a completely amateur of cultural properties required about a year to find experts who will cooperate. In 2017 formally established an arbitrary organization called "Taya's Cave Preservation Executive Committee" and started full-scale preservation activities.

      Currently, we have been able to continue preservation activities "simple honesty" "steadily" "quickly", with the cooperation of so many people, to private professional companies and university professors. Furthermore, while receiving cooperation from neighboring people, public elementary schools and prefectural high schools, this preservation activity is carried out by collaboration from multilayered people, from children to elderly people. Through this activity, I started as a regional cultural property preservation activity as an important community symbiosis flag project for actions valuable for "creating the region" and "raising people" to succeed the rich regional culture to the next generation.

Executive Committee for the Preservation of TAYA CAVERN

Committee chairperson

Yasuhiko  Tamura

 

Our activity is aimed at three axes.

この保存活動は、3つの基軸を目的としています。

3つの柱(3axes)_edited.png

3 axis of our preservation activities

- 保存活動の3つの基軸(目的) —

Learn more 3 Axes

 

Understanding TAYA Cave for our future

Axis 1 : 田谷の洞窟の理解(未来につなぐ基礎調査)

We are carrying out 3 categories academical survey for understanding TAYA Cave.

田谷の洞窟を知るための様々な学術的な基礎調査を実施しています。​

今の田谷の洞窟そのものを理解するための基礎調査を実施しています。地質・洞内環境・空間形状・地中位置・地形・地上里山環境など、理学・工学的な学術的基礎調査を主軸に様々な調査を行っています。この活動を始めるにあたって、最初に文化財制度上の行政資料調査を実施し、洞内に施されている全ての浮彫レリーフの記録写真撮影などの文化財基礎調査も実施しています。私達は、田谷の洞窟を「人の手で築造された優れた構造物」として理解し、この洞窟の持つ歴史や文化をより技術的観点から再評価するために、様々な学術的基礎調査を多分野多大学の研究者と実施しています。

We are conducting many basic surveys to understand the current Taya Caves themselves.  We are conducting various surveys centered on academic basic surveys such as geology, cave environment, spatial shape, underground position, topography, and above-ground satoyama environment.  To start this activity, we first conducted a survey of administrative materials on the cultural property system.  We are also conducting a basic survey of cultural properties, such as taking photographs of all the reliefs in the cave.  We understand Taya Caves as "an excellent structure built by humans". And, in order to re-evaluate the history and culture of this cave from a more technical point of view, we are conducting various basic academic surveys with researchers from multiple fields and universities.

​1. 行政基礎調査

​文化財登録時の行政資料調査(終了)

2. 学術的基礎調査

洞窟にまつわる多分野の学術調査。

3. 文化財基礎調査

​文化財としての基礎的な調査。

​1. Government Documents Survey

Document papers in the government when TAYA Cave was registered. (DONE)

2. Academical Basic Research

Multidiscipline academical basic survey around TAYA Cave.

3. Cultural Property Basic Research

​Cultural property basic survey about TAYA Cave and another allied properties.

Learn mission of Axis 1

Check Activities

NEXT Learn Axis 2

 

Regional Town Design of TAYA for our future

Axis 2 : 田谷の地域づくり(未来につなぐ地域づくり)

Underground cultural properties are integrated with the ground environment.

地下文化財は、地上の環境と一体。​

田谷の洞窟のような地下文化財は、地下だけを守る事はできません。地上部分がとても地下に影響を及ぼしています。特に地中の水系が重要なのです。だから、地上の里山や農村風景を守っていく必要があります。その為には、持続的な地域をつくる事を考えて行かなければいけません。さらに、田谷の洞窟を守る事で、地域力が強くなることも考えられます。都市近郊農村の田谷町は、「都市としての問題」と「農村としての問題」の両方を持ち合わせています。そこに、田谷の洞窟のようなダイナミックな地下文化財があると言う事はとても優位なコンテンツがあると言えます。田谷の洞窟の保存と利活用をうまく行うことが出来れば、田谷町周辺の地域にもよい事になると考えています。つまり、田谷の洞窟保存と地域つくりは相互に利益があるのではないかと考えています。巨大な地下文化財と地域が共生する事を考えて行きます。

Underground cultural property, such as Taya cave, it is impossible for us to protect the only underground itself. The ground part above this cave has very influence on the underground. Especially the underwater system is seemed important for this cave. Therefore, it is necessary to protect the satoyama and the rural landscape on the ground. For that purpose, we must think about creating a sustainable area. Furthermore, by protecting Taya cave , it is possible that the regional potential will become stronger. Taya Town in suburban rural areas has both "problem as city" and "problem as rural area". In such this area, there is a dynamic underground cultural property like Taya cave. This can be said that there is a very advantageous content. If we can successfully realize the preservation and utilization of Taya cave, we can think that it will be good for the area around Taya Town. In other words, we are thinking that the preservation of Taya cave and regional development have mutual benefits. We will consider this huge underground cultural heritage and the coexistence of the area.

田谷の洞窟を守るためには、この洞窟上部に広がる都市近郊農村の里地・里山の保全が大切です。地域共生のために、地域デザインも考えていく必要があります。

For the preservation of TAYA Cave, it is very important to protect the surrounding space as a suburban rural area. Especially, SATOYAMA and RURAL VILLAGE is quite important. Therefore, we have to consider about TAYA TOWN Design.

Learn mission of Axis 2

Check Activities

NEXT Learn Axis 3

 

People Developments for our future

Axis 3 : 田谷の人づくり(未来につなぐ人づくり)

Outreach to people to establish the Civic Pride of Taya.

Civic Pride 醸成のための、人々へのアウトリーチ。​

田谷の洞窟や、都市近郊農村としてのこの地域の風土は、とても貴重な私達の財産です。これらの財産を次世代にきちんと継承させるためには、私達の心に残る何かをしなければいけないのではないかと考えています。

​本活動では、特に若い人たちへの共同作業を促しています。小学生から大学生まで幅広く共同プロジェクトを実施する事で、私達は多くの人達が将来もこの田谷の洞窟や都市近郊農村としてのこの地域の風土に関わりや誇りを持ってもらいと考えています。その為には、私達は保存活動を通して、人々の記憶に残す形でもこの地下文化財を継承していきたいと考えています。

Taya cave and the climate of this area as a suburban rural are our very precious wealth. We believe that we must do something that remains in our minds in order to pass these properties to the next generation. This activity encourages young people to collaborate, in particular. We hope to contribute to human resource development by conducting a wide range joint projects from primary school students to university students. We believe that many people will be involved and proud of this "Taya cave" and "the climate of this region as a suburban rural area" in the future. For that purpose, we would like to inherit this underground cultural property to people's memory through preservation activities.

​未来の人材も育てなければいけません。地域を担い、この地下文化財を大切に思う、そういった「CIVIC PRIDE(郷土愛)」を育むことも重要な目標です。

We must also develop future human resources. It is also an important goal to establish "CIVIC PRIDE", which is responsible for the region and cherishes this underground cultural property.

Learn mission of Axis 3

Check Activities

NEXT Learn all of missions

 

We carry out the following four missions.

この保存活動は、以下の4つのミッションを実施しています。

 
mission1-mark.gif

田谷の洞窟を知るための学術的な基礎調査です。

mission3-mark.gif

田谷の洞窟と地域の共生・共存を検証します。

mission2-mark.gif

田谷の洞窟の総合的な価値の再検証を検証します。

mission4-mark.gif

​田谷の洞窟と地域の持続的な未来を創る人的資質の向上を図る取り組みです。

 

We are conducting three basic researches.

私達は、3つの基礎調査を進めています。

40追 洞窟保存=山保存(Eng)2-低_edited.jpg

基礎調査概要図

Administration Research

① 行政調査

文化財登録時の資料や公的機関との協議による現状把握の為の調査  (終了)

② 学術的基礎調査

Academical Basic Research

下記に示す洞窟の現状把握の為の基礎調査

Geotechnical foundation survey (Soil property · Degradation · Weathering)

②-1 地質工学 基礎調査(土質特性・劣化風化)

洞窟の地盤の土質特性の把握や洞内環境調査などを行っています。
【調査協力】
・埼玉大学大学院 理工学研究科 小口千明研究室

埼玉大学校章.png

Geography / Terrain / Spatial Basic Survey (Space Grasp)

②-2 地理・地形・空間 基礎調査(空間把握)

洞窟空間形状と地上地形空間形状との統合的な関係把握の為の画像測量調査を実施しています。
【調査協力】
・北海道大学大学院 地球環境科学研究院 早川准教授
・東京大学 空間情報科学研究センター    小口教授

北大ロゴ4-縦並び-和文+欧文.gif
東大CSISロゴ-横使い縦組み.gif

Basic environmental survey (grasp of satoyama)

②-3 環境 基礎調査(里山把握)

洞内や地上空間の里谷の環境基礎調査を実施しています。
​【調査協力】専門協力者 募集中

Civil engineering basic survey

②-4 土木技術 基礎調査

施工方法(工法)や施工道具などの土木技術の基礎調査を実施しています。
​【調査協力】専門協力者 募集中(未着手)

③ 文化財基礎調査

Cultural Property Basic Research

歴史や浮彫レリーフ等の美術に関する調査を実施しています。
【調査協力】
・鶴見大学 文学部文化財学科 緒方准教授 (個人協力)

Check Activities

 

After data acquisition, we will verify 3 viewpoints for the next generation.

​次世代のための3つの検証を行います。

Revalidation

地下文化財

​資質再検証

Digital data

precision verification

取得

デジタルデータ

精度検証

Verification of

utilization and deployment of digital data

デジタルデータ

活用・展開

検証

多分野横断型の基礎調査の結果を踏まえ、独自の視点でこの地下文化財の価値の再評価をします。これにより取得する3Dレーザースキャンのスキャン精度を精査したり、場合に寄っては、土木遺産や地盤遺産としての登録申請など多様な価値の再評価を目指します。

Based on the result of "Multi-field Integrated Basic Survey", we will reevaluate the value of this underground cultural property with its own perspective. By reevaluation, we will verify the scanning accuracy of the 3D laser scan. In case, we aim to reevaluate various values such as civil engineering heritage and ground heritage.

 

We aim to coexist with underground cultural properties and the local community.

​地下文化財と地域社会との共生を目指しています。

Considering

a preservation for Underground Heritage

地下文化財

​保存を考える

=

Considering

a maintain of 

Satoyama & Rural

​地上の里山や里地を考える

Considering

Regional Design

地域デザイン

を考える

Check Activities

田谷町空撮 (2).JPG

Regional Basic Survey

地域魅力資質調査

地下文化財と地域共生する為に、田谷のような都市近郊農村の地域魅力資質調査を進めています。

(協力:​横浜国立大学建築学科)

 

We are promoting regional qualities survey of suburban rural to underground cultural property and regional harmony.

210501リンクルお披露目会-022-@定泉寺.JPG

Regional Co-existing Projects

地域共生プロジェクト

​田谷の里山で採れる様々な産物を利用して保存活動へのご寄付に対しての返礼品を制作。地域の障害者支援事業を行っている様々な事業所が制作しています。私達と里山と福祉が連携するプロジェクトを展開しています。