田谷の洞窟

保存活動

基礎調査

田谷の振興

​地域づくり

田谷の共生

人づくり

Our Activities 活動の様子

Geography / Terrain / Spatial Basic Survey

地理・地形・空間基礎調査

北海道大学大学院 地球環境科学研究院

東京大学 空間情報科学研究センター(CSIS)

北大ロゴ4-縦並び-和文+欧文.gif
東大CSISロゴ-横使い縦組み.gif
協力:
北海道大学  早川裕弌 准教授
東京大学CSIS   小口高 教授

photo by Hayakawa  

東京大学空間情報科学研究センターのご協力で、ドローンやレーザースキャン測量などの様々技術を活用して、洞窟の空間形状や、地形との関係など空間情報を把握するための基礎調査を実施しています。

デジタル画像を3Dモデル(立体画像)化し、洞窟の床や壁や天井などの各種の厚さに関する情報や、地上の地形との精密な位置関係の把握を目指しています。

  • 人の手では測量できない複雑な洞窟形状の把握。

  • 床や壁や天井の寸法の把握。

  • 地上の地形と洞窟との関係性の把握。

  • ​3Dモデルの試作と検討

​​2019年より北海道大学との共同が始まりました。

With the cooperation of the University of Tokyo Spatial Information Science Research Center, we will conduct a basic survey to grasp the spatial information such as the space shape of the cave and the relationship between the cave and the topography, while utilizing various techniques such as drone and laser scanning surveying We are carrying out.

We aim to grasp information on various thickness such as floor of cave, wall and ceiling, and precise position relation with terrestrial topography by converting digital image to 3D model (stereoscopic image).

  • Grasp of complicated cave shape which can not be surveyed with human's hand.

  • Grasp the dimensions of the floor, walls and ceiling.

  • Grasp the relationship between the terrain topography and the cave.

  • Prototyping and examination of 3D model

東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)-  JoRAS(共同研究)

「里山の環境保全にむけたGISの活用:田谷の洞窟とその周辺を例に」

Now Under Renewal

© 2019 by Exective Committee for the Preservation of TAYA CAVERN.

お問合せはメールで!
​Please contact us by e-mail

​当実行委員会は、皆様のご寄付・ご協力をお待ちしております。詳しくはこちらから!!

The Executive Committee looks forward to your donations and cooperation. For more information is here! !