田谷の洞窟

保存活動

基礎調査

田谷の振興

​地域づくり

田谷の共生

人づくり

Our Activities 活動の様子

Promotion Service   by East Japan Railway Culture Foundation

Taya's cave gate renovation project

密閉洞門改修事業

公益財団法人 東日本鉄道文化財団 助成事業

協力:
横浜市栄区役所
横浜市教育委員会事務局生涯学習部文化財課

埼玉大学の地質基礎調査により、洞内の湿度が重要で、洞内を乾燥から守る事が重要である事が判りました。これを受けて、2017年に公益社団法人東日本鉄道文化財団の助成の採択を頂き、密閉洞門改修事業が進められました。

From the geological basic research by Saitama University, it was found that the humidity in the cave is important, and it is important to protect the cave from dryness. In response to this, we received the support of the East Japan Railway Culture Foundation in 2017, and it has been promoted the renovation project of the air tight gate of this cave.

East Japan Railway Culture Foundation

Supporting Local Cultural Activities

​贈呈式

2018.8.2に助成贈呈式が定泉寺客殿にて執り行われました。

A grant presentation ceremony was held at Josenji Temple Guest House on 2018.8.2.

​竣工後の洞門(外)

ステンレス製の扉に改修されました。現在埼玉大学が洞内湿度の効果測定を実施しています。

It has been remodeled into a stainless steel door. Currently, Saitama University is measuring the effects of humidity in the cave.

竣工後の洞門(内)

床が水平ではないので、扉のアンダーカットは避けられませんでしたが、拝観時間終了後は、しっかりと外気の流入を抑えることが出来そうです。

The undercut of the door was inevitable because the floor was not horizontal. However, It seems to be able to suppress the inflow of outside air.

© 2019 by Exective Committee for the Preservation of TAYA CAVERN.

お問合せはメールで!
​Please contact us by e-mail

​当実行委員会は、皆様のご寄付・ご協力をお待ちしております。詳しくはこちらから!!

The Executive Committee looks forward to your donations and cooperation. For more information is here! !