170505定泉寺-洞門橋.jpg

About TAYA Cave 
田谷の洞窟とは...

 

田谷の洞窟(正式名称:田谷山瑜伽洞 たやさんゆがどう)は、

全長約 570 m・三層構造の複雑に入り組んだ、巨大な人工洞窟です。

その歴史は、鎌倉時代からあると伝えられている、横浜市登録地域史跡です。

一旦この地下空間に足を踏み入れると、幾つもの不思議に出会います。

「どうやって造ったんだろう?」

「どうやって上の階とぶつからずに掘ったのだろう?」

「なんでこの場所に掘ったんだろう?」

などなど、

未だに解っていない事がたくさんあります…

私達は、2015年より、田谷の洞窟を管理している真言宗定泉寺の許可を得て、

様々な分野の大学・専門家のご協力を得ながら、

この洞窟の基礎調査とデジタルデータ保存活動を行っています。

Taya Cave (formal name: Taya-San-Yu-Ga-Dou) is a huge artificial cave that is complicated in complexity of about 570 meters total length. It is said that its history is since the Kamakura period, the 13th century, and now it is registered a historical cultural site of Yokohama City.

 

Once you step into this wonderful underground space, you will encounter many wonders.

 

"How did people make it?"

"How did people dig it without hitting the upper floor?"

"Why did people dig here?"

 

There are many things that have not been understood yet…..

 

Since 2015, with the permission of Shingon Jousenji Temple which is managing this TAYA CAVERN, we are trying the preservation activities of this cave with the cooperation of several universities and experts in various fields.

 

動画制作協力:株式会社 タイトー

​(無断転載禁止)

Movies
田谷の洞窟の紹介動画
© Copyright 田谷の洞窟保存実行委員会

横浜市栄区「真言宗大覚寺派 定泉寺」境内にある田谷山瑜伽洞「田谷の洞窟」は、鎌倉時代より存在すると言われる人工の横穴洞窟です。(築造年代は諸説あり正式には不明です。)全長約570m三層構造を成す、真言密教の修業の場として、“歴史の中の静寂な時間の流れ”を強く印象付ける横浜市登録地域史跡の一つです。

内部は、鶴岡二十五坊の供僧がノミを片手にお経を唱えながら掘り進めたノミ跡が残り、大小さまざまなドーム状空間や壁面には江戸中期以降に彫られたと考察できる美しい浮彫のレリーフ250余点を配しています。「田谷の洞窟」の名で親しまれていますが、我が国では類を見ない巨大な素掘りの人工地下空間です。

TAYA Cave locates in the precinct of "Shingon Sect Daikakuji Faction JOUSENJI Temple" , at Yokohama-city Sakae-ku, is an artificial sideway cave that exists from the Kamakura period (the 13th century). Construction age has various opinions and is officially unknown. It is one of the region historical properties registered by the Yokohama City. This cave has about 570 m length and 3 floors under a small mountain called TAYA Mountain.

This cave may give us strongly impress "the flow of silent time in history" as a place of study of Shingon Buddhism.

The interior is filled with so many chisel marks that the monks of Tsurugaoka 25  priest's residential quarters attached to a Buddhist temple had dug while singing Buddhist scriptures with one chisel.

There are about 250 beautiful relief works that can be considered to have been engraved on the large and small various domes and walls after the middle Edo period. It is popular in the name of "TAYA Cave", but it is an artificial underground space of huge digging unexpected in Japan.

 
Map・Location
所在地 
田谷の洞窟ってどこにあるの?

田谷の洞窟所在地 : 横浜市栄区田谷町1501 定泉寺

■アクセス:  バス…JR大船駅より約10分

    駐車場…民間有料駐車場 有

​■拝観時間: 午前九時より午後四時

■電話:    定泉寺受付 045-851-2392 

Taya Cave Address:1501 Taya cho, Sakae-ku, Yokohama-shi

■Access:

BUS…About 10 minutes from JR Ofuna station

PARKING…Private toll parking available

​■Open:      9:00 ~ 16:00 (End of reception at 16:00)

■Phone:     Josenji-Temple  +81-045-851-2392  

(Japanese Only!!)

 ​定泉寺 情報(About Josenji-Temple)
 
Outline of TAYA Cave
田谷の洞窟の概要 
田谷の洞窟の特徴とは?

(1)全長(平面測量図Cad上測定)

  • 拝観経路:        約245 m

  • 立入禁止区域:  約325 m

  • 総延長:           約570 m

  • 階段や斜路は平面投影距離でCad上測量

 

(2)複雑に入り組んだ洞窟の構造

  • 平面形状が複雑

  • 断面構成が複雑(3層構造が複雑に入り組んでいる)

  • 施工技術が高度と言える。

 

(3)土質・地盤(埼玉大学 サンプル実験結果)

  • 長沼層(三浦半島の地層同等)

  • 湿潤状態を維持する事が必要

 

(4)左官仕上仮説(疑問点)

  • 洞窟坑道を直彫りで整形したとは技術的に考えにくい。(精度の高い直線成形がされているが、現在でも荒掘りの上、内部整形を行う。)

  • レリーフ部に貝殻(遺物)が見られない。

 (キャンバスを構成して彫ったのでは?)

 

(5)洞内環境

  • 年間を通して温湿度がほぼ一定。(夏涼しく冬暖かい)

  • 至る所から水がしみだしている。(地下水)

  • 地盤が比較的軟弱。(長沼層)

  • ゲリラ豪雨等降水量が多くなると内部剥落の可能性がある。(既に水みちが出来ている可能性有)

(6)宗教美術(専門家 談)

  • 宗教美術専門家による造形と推考。

  • レリーフは、技術力の高い木彫り師の仕事と考察できる。

  • 一部のレリーフの造形は江戸中期以降のもの。

  • 四国八十八霊場ドームに「文久二年」の表記有。

  • 全てのレリーフの詳細な記録・銘文調査が必要。

 

(7)機能

  • 日本4大霊場の写し霊場(西国・秩父・坂東・四国)

  • 高野山奥の院(真言宗高野山の機能)

  • ​洞窟を歩くことで日本全国の宗教施設を巡った事になる。

TAYA Cave locates in the precinct of "Shingon Sect Daikakuji Faction JOUSENJI Temple" , at Yokohama-city Sakae-ku, is an artificial sideway cave that exists from the Kamakura period (the 13th century). It is one of the region historical properties registered by the Yokohama City. This cave has about 570 m length and 3 floors under a small mountain called TAYA Mountain.

This cave may give us strongly impress "the flow of silent time in history" as a place of study of Shingon Buddhism.

The interior is filled with so many chisel marks that the monks of Tsurugaoka 25  priest's residential quarters attached to a Buddhist temple had dug while singing Buddhist scriptures with one chisel.

There are about 300 beautiful relief works that can be considered to have been engraved on the large and small various domes and walls after the middle Edo period. It is popular in the name of "TAYA Cave", but it is an artificial underground space of huge digging unexpected in Japan.

 
Map of TAYA Cave
田谷の洞窟の見取り図
06-TAYA-Cave-PLAN-Full(JP+EN).jpg
 
Cultural Property Register
文化財登録状況 田谷の洞窟の文化財レベルって?

文化財の種類:   横浜市登録 地域史跡

種別:                  史跡

登録年月日:       平成2年11月1日

全長:                  540 m(測量時のCad上では全長約570m)

地層:                  長沼層

洞内ドーム状部分(広場状)11室

Type of Cultural Property:  Yokohama City Registered Area Historic Site

Type:             historical site

Date of registration:       November 1, 1990

Total length:      540 m (total length about 570 m on Cad at survey)

Formation:        Naganuma Formation

11 dome-shaped space in this cave

 
History of TAYA Cave
歴史 田谷の洞窟の歴史って?

 田谷の洞窟は鎌倉時代からあると言われています。一説では、源頼朝の右腕の武将「和田義盛」の三男の「朝夷奈三郎義秀」に由来するとも言われています。この説が正しいとすると、約800年前から存在すると言う事になります。但し、現在の形であったとは言えません。もっとも古い部分がどこなのかは解明されていません。築造年代は諸説あり正式には不明です。

 また、洞内に彫られている浮彫レリーフの年代は、もっと新しいと考えられています。四国八十八霊場の部屋にあるレリーフの脇に「文久二年」と言う銘文が彫られています。文久二年は西暦1862年ですので約150年ほど前の物と考えられます。

     The cave of Taya is said to have been from the Kamakura period. In one theory, It is said that this cave is related with a SAMURAI , "Saburo Yoshihide ASAHINA" , who is the third son of "Yoshimori WADA" , who was the best warrior of the General "Yoritomo MINAMOTO". If this story is correct, it means that the cave of Taya exists since about 800 years before. However, it can not be said that it was the current form. It is not clarified where the oldest part is. Construction age has various opinions and is officially unknown.

     Also, the age of relief carved in the cave is thought to be more new. An inscription called "Bunkyu 2 years" is carved next to one of reliefs in the room of the Shikoku eighty-eight sacred place. It is thought that those reliefs are about 150 years ago because the second year of Bunkyu is the year 1862 AD.

 
Art Reliefs
レリーフ 田谷の洞窟の浮彫レリーフって?

About 250 reliefs in this cave

洞内には、​約250点の美しい浮彫レリーフ

阿形獅子 (9).jpg

​密教の世界

A trip to the three major sacred places in Japan

日本百観音巡礼の旅

秩父三十四観音霊場

西国三十三観音霊場

​坂東三十三観音霊場

秩父三十四霊場1~2 (2).jpg

​地下の写し霊場

A trip to the 88 sacred places of Shikoku-Area

四国八十八ヶ所巡礼の旅

四国八十八霊場1-02-弘法大師ドーム360_edited.jpg

​お遍路の旅

A trip to the Koya-san OKU NO IN inner temple 

高野山奥の院への旅

お水大師-02-360_edited.jpg

​弘法大師への旅

Find something in your mind through 250m...and then...

何かを発見する250m・・・そして外へ・・・

十八羅漢(音無川)-010.jpg

羅漢に会う