Entrusted Projects with Grants
受託助成事業
acknowledgement   for   many   organizations.

 

East Japan Railway Culture Foundation

Taya Cave Gate Renovation Project

公益財団法人 東日本鉄道文化財団

East Japan Railway Culture Foundation

Taya Cave Interior Sign Board Renovation Project

公益財団法人 東日本鉄道文化財団

Other Promotion Service

 

Entrusted Projects with Grants
各種受託助成事業

本会が、様々な団体から受託した助成事業をご紹介します。

Here, we would like to introduce the subsidized projects entrusted by the Society from various organizations.

 
 

Promotion Service   by East Japan Railway Culture Foundation
Taya Cave Gate Renovation Project
密閉洞門改修事業
公益財団法人 東日本鉄道文化財団
2018年度 地方文化事業支援

栄区ロゴ-日本語-黒-縦-3段組.gif
協力:
横浜市栄区役所
横浜市教育委員会事務局生涯学習部文化財課

埼玉大学の地質基礎調査により、洞内の湿度が重要で、洞内を乾燥から守る事が重要である事が判りました。これを受けて、2017年に公益社団法人東日本鉄道文化財団の助成の採択を頂き、密閉洞門改修事業が進められました。

From the geological basic research by Saitama University, it was found that the humidity in the cave is important, and it is important to protect the cave from dryness. In response to this, we received the support of the East Japan Railway Culture Foundation in 2017, and it has been promoted the renovation project of the air tight gate of this cave.

East Japan Railway Culture Foundation

Supporting Local Cultural Activities

2018-08-04 贈呈式.jpg

​贈呈式

2018.8.2に助成贈呈式が定泉寺客殿にて執り行われました。

A grant presentation ceremony was held at Josenji Temple Guest House on 2018.8.2.

正面完成.jpg

​竣工後の洞門(外)

ステンレス製の扉に改修されました。現在埼玉大学が洞内湿度の効果測定を実施しています。

It has been remodeled into a stainless steel door. Currently, Saitama University is measuring the effects of humidity in the cave.

内部より完成.jpg

竣工後の洞門(内)

床が水平ではないので、扉のアンダーカットは避けられませんでしたが、拝観時間終了後は、しっかりと外気の流入を抑えることが出来そうです。

The undercut of the door was inevitable because the floor was not horizontal. However, It seems to be able to suppress the inflow of outside air.

© Copyright
 

Promotion Service   by East Japan Railway Culture Foundation
Taya Cave Interior Sign Board Renovation Project
洞内案内表示板等 再整備事業
公益財団法人 東日本鉄道文化財団
2020年度 地方文化事業支援

栄区ロゴ-日本語-黒-縦-3段組.gif
協力:
横浜市栄区役所
横浜市教育委員会事務局生涯学習部文化財課

洞窟全体の見取り図を明記した洞内案内サイン板を新たに設置しなおしました。拝観者が地下空間のどこにいるかを把握することができる案内板を洞内各所に設置しました。避難経路も明記されています。

We have re-installed a new sign board inside the cave that clearly shows the floor plan of the entire cave. Information boards have been installed in various parts of the cave so that visitors can know where they are in the underground space. The evacuation route is also specified.

写真4-不燃看板材燃焼実験.jpg

不燃性能確認

助成採択後、洞内で火であぶるいたずらが複数個所で確認されたので、案内板のサンプルを取り寄せ不燃性の確認をしました。

After the grant was adopted, Josenji-temple confirmed several mischief by candle fire was at several places in the cave. Therefore we ordered a sample of the guide plate and confirmed that it was nonflammable.

5⑥旧朝比奈弁財天の間 (2).jpg

案内表示板

錆に強いアルミ製の板に多色プリントし、不燃性の特殊コーティングを施した洞内案内表示板を設置することができました。

We were able to install a cave guidance display board with a special non-combustible coating on an aluminum board with multicolor printing.

方向案内板① (2).jpg

方向表示板

私達が調査していると、よく道に迷われて出口方向を尋ねられる拝観者に出会います。そこで、方向案内板も設置しました。

As we are doing survey, we often meet spectators who get lost and are asked for exit directions. Therefore, we also installed a direction guide plate.

 

Other Promotion Service
その他 助成事業

  • 2018年度 独立行政法人 日本学術振興会
種 類:共同研究・セミナー(研究助成)
事業名:(和名)「イタリアと日本における人間活動に資する地下空間資源の劣化度評価と保存修復」
(英名)“Damage assessment and conservation of underground space as valuable resources for human activities use in Italy and Japan”
期 間:​2018年4月~2020年3月末(2年間)
受託者:埼玉大学 理工学研究科 小口千明(准教授)
期 間:2019年4月~2020年3月末(1年間)
​受託者:宗教法人 定泉寺
  • 2020年度 独立行政法人 日本学術振興会
種 類:共同研究・セミナー(研究助成)
事業名:(和名)「イタリアおよび日本における洞窟等の発展的利用を目的とした風化劣化調査」
(英名)“Damage assessment and conservation of underground space as valuable resources for human activities use in Italy and Japan”
期 間:​2020年4月~2022年3月末(2年間)
受託者:埼玉大学 理工学研究科 小口千明(准教授)