Cultural Property Basic Research
文化財基礎調査

with Associate Prof. Ogata, Tsurumi University.

DSC_4857_001.JPG

Cultural Property Basic Research

​一つ一つのレリーフを丁寧に撮影する。

 

Cultural Property Basic Research
文化財基礎調査
緒方啓介准教授(鶴見大学文化財学科)

協力・指導:鶴見大学文学部文化財学科 緒方准教授
協力:
ボランティア:
緒方啓介 准教授(鶴見大学)​
杉山暉(県立金井高校)​
中藪綾(私立鶴見大学付属高校)
​田村熙(市立戸塚中学校)
2019-01-26 第29回四国ドーム2.jpg
© Copyright

鶴見大学文化財学科の緒方先生の個人的なご協力の基、文化財の基礎的な調査を実施しています。洞内にある約300点のレリーフのデジタル写真記録調査を進めています。風化や劣化が進むレリーフの記録写真をアーカイブする事と、レリーフのそばには肉眼では読めない文字が掘られているものがあり、デジタル処理によりこれらの文字を解読する事が大きな目的となっています。

  • レリーフのデジタル画像記録撮影調査。※ 高校生ボランティアと一緒に調査をしています。

  • レリーフの考察

  • 銘文解読

  • ​年代推考

レリーフの撮影調査は、高校生ボランティア2名参加による拝観時間終了後の調査を実施しています。(2019年3月31日をもって、二人の高校生は調査活動を卒業しました。)

Based on the cooperation of Professor Ogata of Tsurumi University School of Cultural Properties, we conduct fundamental investigation of cultural properties. We are proceeding with digital photograph record investigation of about 300 reliefs in this cave. Some reliefs are digging characters that can not be read with the naked eye. We aim to archive recorded photographs of weathering and degradation relief and to decode these characters by digital processing.

  • Survey of relief digital image recording photography.

   ※ with a high school student volunteer.

  • Consideration of relief

  • Inscription reading

  • Inference of age

Relief shooting survey is conducted with two high school student volunteers after the admission time.

田谷の洞窟のような極小高湿度空間での撮影調査の概要についてご紹介しています。
 

This is an introduction page about the outline of the shooting survey in the extremely small and high humidity space like Taya Cave.

Learn More

洞内の浮彫レリーフの銘文解読や彫像年代の推考についてご紹介しています。(現在調整中)

 

This page introduces how to decipher relief inscriptions in the cave and how to estimate the statue age. (It is under renewal)

Learn More

実際の調査活動の様子をご紹介しています。

 

This is the introduction page for the actual survey activities.

Learn More

 

Photography Method
洞内浮彫レリーフ撮影メソッド

協力・指導:鶴見大学文学部文化財学科 緒方准教授

洞内の浮彫レリーフを撮影するって、

何に気を付ければいいんだろう…?

暗い、狭い…

撮影機材には、どんな性能が必要なんだろう…

​ここでは、撮影調査で直面した困難について

ご紹介します。

What is the point of taking pictures of reliefs in this cave?

dark, narrow....

What is the point of using photographing equipment and material in this cave?

In this page, we will show you some difficulties when we shoot in this cave.

撮影調査にはこんな苦労があります…

通路が狭くてレリーフを画角に納める事がとても難しい!!

​人一人がやっと通ることが出来るところにレリーフが!!

​レリーフは基本的に人の頭の高さより高いところにある!!

高いところで、6m近い場所にレリーフがある!!

レリーフの地と図が同色!!

照明で陰影を創らないと、図が分らない!!

1年中​ほぼ100%の高湿度空間!!

撮影機材が結露します!!レンズが・・・

田谷の洞窟の近くにあるNikonに技術指導と協力をお願いしたのですが、残念ながらご協力を頂くことが出来ず、自力で試行錯誤しながら機材選定や撮影技術を試行錯誤しています。

​360°カメラ(THETA)での撮影は、株式会社リコーのご協力を頂いています。

​Method-One
極小空間撮影(Ultra-small Space Photography)
 
撮影手法-極小空間撮影-AI.jpg
  • カメラのファインダーを覗けない!!

  • Wifi or Bluetooth対応カメラ

  • ​小型カメラ

 
Method-Two
高所撮影(High Position Photography)
撮影手法-高所撮影-AI.jpg
  • カメラのファインダーを覗けない!!

  • Wifi or Bluetooth対応カメラ

  • ​軽量カメラ

  • ​リモート回転雲台

  • ​6.0mカメラ三脚(揺れにくいもの)

 
Method-Three
ライティング(Lighting)
撮影手法-Lighting-AI.jpg
  • 電源照明と手持ち照明の併用

  • ​着色がなく周辺地盤と同じ色なので、影を出すことが大切

  • 近すぎるとホワイトバランスのムラが大きくなる

  • ​レリーフごとに照度コントロールが必要

  • ​​空間が狭いので照明スタンドは使用できない

 
Method-Four
超高湿度環境(Ultra-high humidity)
撮影手法-高湿度撮影-AI.jpg
  • 入洞直後に機材が結露

  • ​調査中に機材が結露

  • 出洞直後に再結露

  • ​防水カメラ

 

Inscription Reading & Aetas Estimation
銘文解読・年代推考

協力・指導:鶴見大学文学部文化財学科 緒方准教授
技術協力    :北海道大学 早川裕弌 准教授       

​洞内のこんなに多くの美しいレリーフは

一体、いつ彫られたんだろう・・・?

​ここでは、銘文解読と年代推考について

ご紹介します。

So many beautiful reliefs in the cave

When was the sculpture...?

Here, we will introduce the outline of the survey on deciphering inscriptions and dating.

Now Under Renewal

 

Cultural property survey activities
文化財調査活動の様子

協力・指導:鶴見大学文学部文化財学科 緒方准教授

​ここでは、実際の調査活動の様子について

ご紹介します。

Here, we would like to introduce the actual survey activities.

 
Visit by Tokyo Cultural Property Institute and Yokohama City (Cultural Property Division)
東文研・横浜市(文化財課)来洞視察

東京文化財研究所の保存修復の先生と関連専門研究者の方々が来洞視察され、基礎調査の指導をして頂きました。また、横浜市教育委員会事務局生涯学習文化財課の方々にも来洞して頂き、保存活動の詳細を確認していただきました。

A conservation and restoration professional master from the Tokyo Research Institute for Cultural Properties and related specialist researchers visited Taya Cave and they gave guidance on basic research to us. In addition, people from the Yokohama City Board of Education Secretariat Lifelong Learning Cultural Property Division also visited to confirm the details of our preservation activities.

 
 
Tsurumi University Associate Professor Ogata Guidance/Survey
鶴見大 緒方准教授 指導・調査

鶴見大学文化財学科の緒方啓介(准教授)の個人的なご協力で記録撮影の方法や江戸美術等の指導を受けています。また、様々な調査や保存活動にもご協力いただきています。(注:鶴見大学とは別の個人協力です)

Keisuke Ogata (associate professor), Department of Cultural Properties, Tsurumi University, gives us the guidance on how to take photographs and Edo art. We also cooperate with various surveys and preservation activities. (Note: Individual cooperation separate from Tsurumi University)

 
Survey by junior and senior high school volunteers
中高生ボランティアによる調査

中学生や高校生のボランティア調査を実施しています。毎週土曜日の拝観時間終了後に、洞内の全レリーフのデジタルカメラ撮影調査を実施してきました。洞窟内は高湿度極小空間で、場所によっては2mを超える高所撮影を実施しました。厳しい条件下での撮影に関する問題を現場で皆で考え、一つ一つ解決しながら作業を行ってきました。

We are conducting a volunteer survey with junior high school and high school students. After the opening time in every Saturday, except rainy day, we conducted a digital camera photography survey of all the reliefs in the cave with these students. The inside of the cave was a very high humidity extremely small space, and depending on the location, it was necessary to shoot at an altitude of more than 2 m high. We worked together while solving the problem of shooting under severe conditions on site and solving them one by one.

 
Ultra-small space photography survey
極小空間での撮影調査

カメラレンズからレリーフまで1mもない極端に狭い所があります。そにもかかわらず、レリーフが意外と大きいので、カメラを設置してもカメラのファインダーを覗けないレリーフがほとんどです。レリーフがファインダーに収まる位置にカメラの三脚を立てるのも苦労しました。

There are many extremely narrow places, less than 1m from the camera lens to the relief. Nevertheless, since the relief is large, most of the reliefs do not allow us to look into the viewfinder of the camera even if we install the camera stand. It was very difficult to put the tripod of the camera in a position where the relief fits in the viewfinder.

 
High place Reliefs photography survey
高所レリーフ撮影調査

洞窟内にはドーム状空間がいくつもあります。高いものは5.5mを超える位置にレリーフがあります。床は水平ではなく、高所撮影機材の水平を調整しながら撮影するのは大変な作業です。当然、カメラのファインダーは覗けません。照明を当てることも非常に難しい作業です。

There are several domed spaces inside the cave. Depending on the dome, there are numerous reliefs at a position exceeding 5.5 m. The floor is not horizontal, so it is a difficult task to adjust the level of high-altitude shooting equipment while shooting. Needless to say, it is impossible to look into the viewfinder of the camera. Lighting is also a very difficult task.

 
Relief shooting photography survey on water
水上レリーフ撮影調査

洞窟内の地下水が集まった音無川の水面に面して長大な十八羅漢のレリーフがあります。この撮影は水上での撮影が必要でした。川の中に三脚を立て、照明を当てる為に人が川に入って撮影する必要がありました。

There is a relief of a long 18 Rakan facing the water surface of the Otonashi River where the underground water in the cave has gathered. At this relief, we needed to enter the river with camera. We needed a shooting method where a tripod was set up in the river and people entered the river and illuminated it.