top of page
Page Top

Home < 活動の様子 Top < mission 1 基礎調査​ Top < 学術発表・その他 

Academical Output etc.
学術発表・その他
2019-06-03-00.15.33.jpg

Oral presentation of the results of the basic survey in various academic scenes

​基礎調査の成果を様々な学術の場で口頭発表

学術発表・その他Top

Academical Output etc.
術発表・その他

​これまでの保存活動と大学との調査活動で蓄積された内容を学術的な場で発表しています。

2019-06-03-00.15.33.jpg
学会等での発表

Academic Conference Presentation
会等での発表

Japan Geoscience Union Meeting 2019 / Makuhari Messe, Chiba, Japan
日本地球惑星科学連合 (JpGU)
JpGU Meeting 2019 大会
2019年5月26日~30日 @幕張メッセ

JpGU2019
Oral Speech
口頭発表の様子
JpGU2019発表の様子 (3).jpg
Display & Poster Session of Taya Cave's Sectional Model
小大連携プロジェクト 洞窟輪切り断面模型の展示
Top2019-05-28 08.05.44.jpg
Oral Speech
口頭発表

[HTT21-02]

人工洞窟における地上レーザ測量データと3Dプリントの地盤工学的および教育的活用 

(北海道大学 早川裕弌准教授, et al)

[MIS06-02]

Physical and mechanical properties for damage assesment of Taya Cave rocks, central Japan (埼玉大学 小口千明准教授, et al)

[HTT21-01]

Study on creation of 3D model by SfM photogrammetry An example of Taya Cave 

(埼玉大学 清水きさら, et al)

[HTT21-P02]

Non-destructive field measurement for investigation of deteriorated parts of an artificial cave (埼玉大学 坂根海征, et al)

[MIS06-03] 招待講演

多分野統合共同調査から地域づくりへ展開させる地下文化財「田谷の洞窟」保存活動の実践的試行 (本保存実行委員会 田村裕彦, et al)

Poster Session
ポスターセッション

[MIS06-P01]

The artistic qualities of religion reliefs in Taya-cave.Japan (鶴見大学 緒方啓介准教授)

[G02-P04]

地域の高精細地表情報を活用した環境教育の実践 (東京大学 小倉拓郎, et al)

Japan Geotechnical Society / Symposium on Geotechnical Research on Historic Heritage
地盤工学会(関東支部)
歴史遺産の地盤工学研究に関するシンポジウム
2019年10月12日 中中央大学駿河台記念館

地盤工学会シンポジウム

令和元年東日本台風(台風19号)上陸の為、開催は中止されましたが、ホームページに寄稿論文が公開されています。

  • 歴史遺産の地盤工学研究に関する研究委員会

  • 歴史遺産の地盤工学研究に関するシンポジウム

Oral Speech
口頭発表
JpGU2020

JpGU-AGU Joint Meeting 2020 Online
日本地球惑星科学連合 (JpGU)
JpGU-AGU Joint Meeting 2020 大会
2020年7月12日(日)~16日(木) @ Online

Oral Speech
口頭発表

[MIS19-01]

地上・航空レーザ測量による点群データを用いた洞窟構造の3次元表現 

(北海道大学 早川裕弌准教授, et al)

[MIS19-04]

Study on groundwater quality inside of the Taya cavern

(埼玉大学 小口千明准教授, et al)

[MIS19-05]

Unveiling the underground cultural heritage of Yokohama, Japan –the contribution of geosciences

(埼玉大学 Luigi Germinario, 小口千明)

Online Symposium " The new developments of topography education.", Japanese Geomorphological Union Autumn Meeting 2020
日本地形学連合 (JGU) 2020年秋季大会
ンポジウム「地形学教育の新しい展開」
2020年11月29日(日)@ Online

地形教育シンポジウム
Oral Speech
口頭発表

[S13]

初等教育における「総合的な学習の時間」での地理教育的地域学習の実践

―横浜市立千秀小学校への授業提供を例に 

(田谷の洞窟保存実行委員会 田村裕彦, et al)

JpGU2021

JpGU Meeting 2021 Online
日本地球惑星科学連合 (JpGU)
JpGU Meeting 2021 大会
2021年5月30日(日)~6月6日(日) @ Online

Oral Speech
口頭発表

[HTT30-03]

暗所狭所環境でのSfM写真測量による三次元モデル作成の高度化 

(埼玉大学 小口千明准教授, et al)

Poster Session
ポスターセッション

[MIS09-P02]

田谷山瑜伽洞の二酸化炭素濃度と洞内気温との関係 

(埼玉大学 小口千明准教授, et al)

JpGU Meeting 2022 In-person & Online
日本地球惑星科学連合 (JpGU)
JpGU Meeting 2022 大会
2022年5月22日(日)~5月27日(土) @ In-person & Online

JpGU202
Oral Poster Session
ポスターセッション

[MIS04-P03]  

A study on the applicability of nondestructive survey in Taya cave

(小口 千明、野城 颯汰、田村 裕彦)

論文

Papers
  文

田谷の洞窟保存活動に関わる学術論文をご紹介します。

  • 三次元地理空間情報とVR技術を用いた遺構の散策アプリの試作と評価―地理教育への応用に向けて― 

山内 啓之, 鶴岡 謙一, 小倉 拓郎, 田村 裕彦, 早川 裕弌, 飯塚 浩太郎, 小口 高

E-journal GEO 17(1) 169-179 2022年6月

 査読有り   pdf 

  • 田谷洞窟の歴史と洞内レリーフについて ―その芸術性と幕末期庶民信仰の一形態―

鶴見大学紀要. 第4部, 人文・社会・自然科学編, 59 37-50, 2022-02

 鶴見大学紀要論文   pdf 

  • 総合的な学習の時間を活用した地理・地形教育の実践-地域文化資源を用いた小規模公立小学校への地域学習から- 

田村裕彦, 早川裕弌, 守田正志, 小口千明, 緒方啓介, 小倉拓郎

地形 41(4) 343-361 2020年12月

 査読有り   pdf 

  • Taya Caves, a Buddhist marvel hidden in underground Japan: stone properties, deterioration, and environmental setting 

Luigi Germinario, Chiaki T. Oguchi, Yasuhiko Tamura, Sohyun Ahn, Momoko Ogawa

Heritage Science 8(1) 2020年12月

 査読有り   pdf  

Chiaki T. Oguchi, Kaisei Sakane, Yasuhiko Tamura

Damage assessment and conservation of underground spaces as valuable resources for human activities in Italy and Japan, Opera Ipogea (Journal of Speleology in Artificial Cavities) 85-92 2020年

 査読有り 

小口千明, 田村裕彦, 緒方啓介

考古学ジャーナル 743 28-30 2020年

  研究レポート 

 

Yasuhiko Tamura, Chiaki T. Oguchi, Yuichi S. Hayakawa, Keisuke Ogata, Takuro Ogura, Masashi Morita

Damage assessment and conservation of underground spaces as valuable resources for human activities in Italy and Japan, Opera Ipogea (Journal of Speleology in Artificial Cavities) 75-84 2020年

 査読有り 

 

Yuichi S. Hayakawa, Takuro Ogura, Yasuhiko Tamura, Chiaki T. Oguchi, Kisara Shimizu

Damage assessment and conservation of underground spaces as valuable resources for human activities in Italy and Japan, Opera Ipogea (Journal of Speleology in Artificial Cavities) 64-74 2020年

 査読有り 

 

田村裕彦, 小口千明, 早川裕弌, 緒方啓介, 小倉拓郎, 守田正志

歴史遺産の地盤工学研究に関するシンポジウム論文集 1-10 2019年

 pdf 

【執筆者所属】

1) 田谷の洞窟保存実行委員会

  The Executive Committee for the Preservation of TAYA CAVERN

2) 埼玉大学大学院理工学研究科

  Graduate School of Science and Engineering, Saitama University

3) 北海道大学地球環境科学研究院

  Faculty of Environmental Earth Science, Hokkaido University

​4) 鶴見大学文学部

  Faculty of Literature, Tsurumi University

5) 東京大学大学院新領域創成科学研究科

  Graduate student, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

6) 横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院

​  Institute of Urban Innovation, Yokohama National University

7) 東京大学空間情報科学研究センター

  Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo

Journal
学術

学術誌

田谷の洞窟保存活動に関わる学術論文が下記の学術ジャーナル誌に掲載されました。

  1. 地形, 41-4, 343-361, 2020. ISSN 0389-1755

  2. 考古学ジャーナル, 743 28-30, 8月号, 2020. ISSN 0454-1634

  3. Opera Ipogea (Journal of Speleology in Artificial Cavities), 67-74, 75-84, 85-92, 2020. ISSN 1970-9692

  4. Herritage Science, 8, 87, 2020. doi:10.1186/s40494-020-00433-9

参加学会

Academic Organization
参加学

以下に示すのが、​これまでに参加した学会です。

Home < 活動の様子 Top < mission 1 基礎調査​ Top < 学術発表・その他 

bottom of page