Elementary School & University
Collaboration Project in 2022

小大連携プロジェクト
​2022年
6年目の挑戦がスタート!

with Yokohama city Senshu Elementary School.

Web-20220713田村授業-008千秀小.jpg

The sixth year of cooperation has begun ...

6年目の連携が始まりました…​

 

​​2022年度 小大連携プロジェクト

協力:横浜市立千秀小学校      
横浜国立大学 守田正志 准教授
北海道大学  早川裕弌 准教授
筑波大学    小倉拓郎 助教
埼玉大学   小口千明 准教授
※ 鶴見大学   緒方啓介 准教授
※ 個人協力

2022年度も継続することが決まりました!

このプロジェクトも今年度で6年目になりました。今年の6年生が1年生の時にこのプロジェクトは始まりました。兄弟がこの探究的地域学習の授業を受けている児童が7人います!

​卒業までに何を制作するのか?今後検討していきます。

 
2022年度 学習計画

【制作名】   

これから検討

【寸法】    

未定

【人数】  

35名(1クラス)

【事前学習】  

「田谷の洞窟保存活動」(本保存実行委員会):2コマ

以下、予定

「田谷の洞窟の地質」(埼玉大学 小口准教授):2コマ

「いつもの景色をいろんな目線で見てみよう」(北海道大学 早川准教授):2コマ

「地理院地図(GIS)を使ってみよう」(筑波大学 小倉助教):2コマ

「僕たち私たちのとっておきの田谷MAP作り」(横浜国立大学 守田准教授):2コマ

「文化財を未来に伝える」(鶴見大学 緒方准教授):2コマ

「振り返り授業」(本保存実行委員会):2コマ

【フィールドワーク・ヒアリング】

未定

【制作授業】  

10コマ (※ 小学生の作業時間予定)・・・緊急事態宣言下の場合、縮小

【制作指導】  

横浜国立大学 守田准教授+当保存実行委員会​(予定)

田谷の洞窟と保存活動の概要と地域文化・環境・社会についての事前学習授業(田村裕彦)
© Copyright 田谷の洞窟保存実行委員会